ずぼらご飯の雑記帳

ずぼらご飯(zuboragohan)がお送りする、気になる〝イロイロ〟の〝あれこれ〟

【発音が違う?!】CMで流れている、伊勢志摩の発音が気になる【伊勢島?】

CMで見かけた、伊勢志摩の発音がめちゃめちゃ気になります。

女性の声で、伊勢志摩って連呼してるCMです。

 

 

でも、このCMだと、伊勢志摩のアクセントが伊勢島に聞こえちゃって………。

 

 

テレビCMでの発音

い↑せ↓し→ま→

 

私の思ってる発音

い↑せ→し→ま→

 

 

どっちが正しいのでしょうか?

そもそも、今までこんな耳につく伊勢志摩の発音も聞いたことがない……と思います。

 

ニュースでこんな発音されてたら、思わず見ちゃうと思うし……。

他のバラエティでもそんな発音で話していなかったと思うんですよね。

 

実際どういう発音なのかは、伊勢志摩の方に聞いてみないとわかりませんが。

 

案外、あえてアクセントを変えてCMを見てもらう作戦だったりするんでしょうか?

だとしたら、成功かもしれません。

 

耳にめっちゃ残ります。あのアクセントは。

 

伊勢志摩の正しいアクセント気になります……!!

検索ページでサムネイル画像が表示されない時の対処法

気になったモノの画像が気になって、画像検索したりしますよね。

 

ある日、突然どんなワードを入力しても画像が表示されなくなりました。

 

初めは、ドマイナーなことだから画像が一枚もないのかななんて思っていました。

 

でも、違いました。

【犬】と検索しても何にも画像が出てこないんです!

 

え!なんで!

 

でも、大丈夫。

すぐに解決できます。

 

 

解決方法

閲覧履歴を削除すればいいだけです!

そうすれば直りますよ!

 

f:id:zuboragohan:20180920105653p:plain

【やってみた】雑記ブログで、ツマンナイ内容は、PVアップするか?【実験的運営】

自分の記事は、面白いのか、ツマンナイのか。

 

今のところ、ブログは、誰かに刺さればいいと思って書いています。

流行物とかは、そこまで意識して書いてはいません。

 

時事ネタは、鮮度命なので、難しいと思いますし、芸能人ネタとかも何だか難しそうです。

 

自分に書ける範囲で、細々と続けていきたいと思っています。

 

雑記ブログって、ネタに困らない。

雑記ブログってネタにはあまり困りませんけれど、これって人に読んで貰えるのかな………と不安になります。

 

私が興味あること=誰かが興味あることとは限らないので………。

 

せっかく書いたブログなんで、人に読んで欲しいって思いがあるので、PVをちらちらと気にしてしまいます。

 

現在は、記事数も少ないので、数少ないPVに一喜一憂しています。

ちなみに、Twitterのいいね!とかリツイートにも一喜一憂しています。

 

Twitterアカウントはこちらです↓↓

twitter.com

雑記ブログで書いていること

このブログでは、小説の感想とかテレビ見てて思ったこととか、自分の身体のこととか、日常生活のあれこれ色々書いています。

ともかく、自分が書きたいな~って思ったことを、バンバン書いています。

 

今は、誰かに引っ掛かるかなーっ、引っかかれ~っていう気持ちです。

 

私が鉄板ネタを持っているわけではないので、誰かに刺さるかな?なんて手探りで、とりあえず書くという感じです。

 

芸能人でもないので、絶対閲覧して貰える状況にはなりません。

一般ピーポーである私は、沢山記事を書くしかないなと思っています。


その内何本かは読んでもらえるかな…という気長な気持ちで書いています。

 

私の雑記ブログの現状 

実際のところは、現在11記事中、1つしか読まれていません。

つまり、私のこのブログでの全PVは、その記事に集中しています。

悲しい…。

 

記事の内容が、ツマンナイのかな。なんて思ったりします。
でも、まだそんな記事数が無いので、これからPVアップしないともPVアップするとも断言出来ません。

ひたすら愚直に誰かに読んで貰えるかわかんない記事を量産しているといった感じです。

 

 

ツマンナイと言っておりますが、私が興味あるからその記事を書いているんであって、私的にはツマンナイ記事ではないのです………。

 

でも、誰かにその記事が刺さるのかよくわからないので、ツマンナイ記事といっているんです。

ツマンナイ記事でPVアップするか?

どこかで、誰かに記事が刺さってPVがガツンと上がるか、PVがちっとも上がらないかのどちらかです。

 

このブログでは、現在たったの11記事ですが、ツマンナイ記事を一年以内に100記事くらい書いたら、ある程度の方向性というか、結果が見えると思います。

 

100記事年内には、余裕で書ききってやるぜって言う気持ちでやっています。

今のところ、調子はまずまずです。

 

100記事以上を目指せる感じのペースではあります。

 

 

もし、全然PVが伸びなかったら自分の気になることを書いても、あまり需要がないと言うことなのでしょう。

もしも、PVがアップしたら、それらアップしている記事系統の話題をある程度増量していきたいなと思っています。

 

しばらくは、需要があるかないかわからない記事を書いていこうと思っています。

結果が目に見えてわかるところまで書き続けて見たいです。

 

色々書いているので、何かの記事が貴方に刺されば嬉しいなって思います。

 

読んでくださって、ありがとうございました。

【小説家になろう・カクヨム】書評というか、読書感想文みたいなのを始めます。

小説家になろうの小説を昔から読み漁っていました。

 

もうかれこれ、なろうでの読書歴は、10年以上になると思います。

 

「あ~なんて面白いんだ!!」「……この展開悲しい……引き込まれるけど」みたいな想いを悶々と抱えながら、胸を躍らせてガンガン読みまくっていました。

 

書籍化やアニメ化したりして、一読者ながら胸が躍ったりとか……。

更新が何年も停止して……深い悲しみを覚えたり……とか。

 

小説を通じて、色々な世界を旅してきました。

ずっと感想を書きたいな……と思っていたので、自分が気になった本の書評というか、読書感想文みたいなのを書こうと思います。

 

カクヨムには、ずっと手を出すまいと思っていたのですが、カクヨムも読み始めているので、本はなんて時間泥棒なんだろうと思いつつも、次のページへとついつい進んでしまいます。

 

 

小説家になろうカクヨムの感想を自分の覚書程度に書こうと思っています。

 

カテゴリーは、【書評的な何か】です。

書評と書くのは、随分と仰々しいですし、自分が言うにはおこがましいと思ったので……。

 

感想を書いた時点で、小説家になろうで連載しているものには、カテゴリー【小説家になろう】、カクヨムで連載しているものについては【カクヨム】で書きます。

 

同時並行で、両サイトで投稿されている場合は、両方のカテゴリーに投稿します。

 

皆様も小説という底のない沼に一緒に嵌まりましょう。

 

 

お金かかるの?って思っておられる方!

 

小説サイトを見るだけなら、無料ですよ!

一緒に色んな世界へ行きましょう!!

【香害について考える】香水は、自己中ではないと思う。

【香水をつけている人の9割は自己中】っていう記事が話題になっているらしいです。

 

私は、読んでいないので詳細は知りませんが。

 

タイトルに、香水への憎悪を感じますね。

もしかすると、職場に強烈な香りを纏う方々が沢山いらっしゃるが故の発言なのかもしれません。

 

以下で、香水に対する私の意見を述べていきます。

 

 

それは、本当に香水か??

 

香害なんていう言葉も出てくるぐらい、今、世の中は香りで溢れています。

香水をつけていなくても、現代人は様々な香りを纏っています。

 

シャンプーや柔軟剤、石鹸、食器用洗剤、洗濯洗剤、消臭スプレー、ティッシュ………日常のあらゆるものが香りづけされています。

 

制汗スプレーなんかもそうですね。

お化粧も匂いがしますね。

 

トイレだって芳香剤が置かれています。

 

匂いがするものが多いですね………。

香りが嫌いっていう方は、かなり辛い世の中だと思います。

 

かく言う私も、匂いの強いモノは苦手なので、家には芳香剤とか置いていません。

消臭剤も置いていないです。

 

香水以外も匂いの強いモノは、多いです。

貴方が感じている香りは、香水?それとも………?

 

香水は、自己中ではない。

 

香水は、自己中ではない。

私は、そう思います。

 

香りという観点から見れば、制汗スプレーと大差ありません。

制汗スプレーも自己中と言われてしまえばそれまでですが………。

 

香りを纏うことは、自己中だとは思いません。

 

柔軟剤程度の一般的なレベルで香る香水は、どちらかというと、自己表現の一種ではないかと考えます。

 

香水は、お洒落だと思うんです。

 

 

キツイ香りは、別かもしれない

 

キツイ香りは、別問題だと思います。

周りが顔を顰めるほどの香りは、悪臭です。

 

ここで言う、キツイ香りとは、加齢臭やら体臭、にんにく臭、アルコール臭、タバコ臭などなどです。

それらの中に強い香水の香りが入ります。

 

これらは、自己中といってもいいのかもしれません。

 

 自己中というのは、中々強めな言葉だと思いますので、別の言い方がよいのではないかと思いますけれど。

 

強体臭とでもいえばいいのでしょうか?

もちろん、香害でもいいと思いますが。

 

上記に上げた香りは、私も得意ではありません。

正直言って苦手です。

 

煙草の匂いなんて、むしろ香害ですまないし、公害だとすら思っています。

 

でも、これは、あくまでも私の主観で終わってしまうお話なんですよね。

 

私の自己中な考えで、この香りは嫌いですって言ってるんであって、香水自体は、やっぱり自己中だとは思いません。

 

《終わりに》

香りというのは、個人の好みに左右されると思います。

好きな食べ物があるように、嫌いな食べ物がありますよね。

同じように好きな香り、嫌いな香りがあると思うんです。

 

好きな香りは、強めでもあまり気にならない。

嫌いな香りは、少しでも香ると嫌な気分になる。

 

香水に限らず、香りの問題は、難しい問題だと思うんです。

皆が、良いと思う方法があればいいと思うのですが………。

死ねと言わなくなった日

 

皆がとは言わないけれど、子供の頃普通に死ねって使ってた。
日常会話の中で。
どこでそんな言葉を覚えたかわからないけれど、皆が普通に吐き捨てるように使ってた。


別段、荒れてもいない普通の学校で、だ。
先生の前で使うような単語でもないから先生にも気がつかれない。

密やかに、けれども普通に日常会話で使われる、「死ね」

 

今思えば、ワルい言葉だし、誰かが聞いたら思わず顔を顰める強すぎる言葉だ。

大人になった自分がその場にいたら良くないよって注意すると思う。

でも、誰も注意なんてしなかった。されなかった。

 

死ね、なんて誰が聞いてもいい気分じゃないよね。

でも、幼い頃の自分達は気が付いてなかった。

何で使ってたなんか思い出せない。

 

 

けれど、使うのを止めた日は覚えてる。

 

 

 

長期休みに後輩が死んだのだ。

明るくて、気のいい奴だったことを覚えている。

自殺や苛めではない、と思う。

 

病気でもなかったはずだ。

だから、たぶん、交通事故だったんだと思う。

 

 

長期休みに入って、もう覚えていないけれど、あの頃は毎日のように、何度も会っていたはずだ。
学校で部活動の中で。

思い出せなくなってしまったけれど、長期休みの部活中も、たぶん。

 

 


長期休みが開けた時だった。

突然、全校集会で、亡くなったとだけ伝えられた。


いつものどうでもいい校長先生の挨拶なはずだった。
耳を疑った。
聞いたことのある名前だった。

 


今思うと、死因は教えられることはなかった。
だから、死因は今でも知らない。

 

私達は、葬儀にも呼ばれることはなかった。

もしかすると、私たちにとってに余りにも衝撃的な出来事だから、大人たちは言わなかったのかもしれない。

準備してきた大会が差し迫っていたし、支障が出てしまうといった配慮ももしかするとあったのかの知れない。

 


どうやって、あの後輩が死んだ。
という衝撃から、日常へと戻っていったか覚えていない。

 

ましてや、後輩の同級生たちはもっと衝撃的だったと思う。

彼らは亡くなった後も寄り添うように話題に出していたことを覚えている。

けれど、私と同輩達の中で、亡くなった後輩の話題は自然とタブーとなった。


悲しすぎて、触れられる話題ではなかったから。

 


今まで誰かが死んだことはあった。
友達の親が亡くなるとかそいうやつだ。
けれど、どこか遠い出来事に感じた。

 

 

身近にいた人が死ぬ。

初めての経験だった。
二度としたいとは思わないけれど。
それから、なんでか、死ねって言わなくなった。

 


死ねって言ったって言わなくたって何かが大きく変わるわけじゃないと思う。
けど、死ねって単語を言うことに躊躇して、口ごもるようになり、それから自然と言わなくなった。

 


死ねって言ってた頃は、死なんてちっとも身近じゃなかった。
ニュースで流れる訃報は顔もみたこともない知らない人達だったし、身近なお葬式も見知らぬ大人ばかり。

 

心に残るようで残らない。
かわいそうという気持ちだけだった。

 

 


死を身近に感じたから言わなくなったのかもしれない。

 

親しかった人も、あっさりと死ぬ。

その事実に気が付かされた。

可愛かった後輩の死によって。

 


誰にも死んで欲しくない。

私は、死ねと口に出さなくなった。

 


亡き後輩に哀悼を。

時間をかけて書いた記事が消えて、血の気が引いた。

あれ……?時間をかけて、書いた記事が、無い……。

 

めちゃめちゃ血の気が引いきました。

「えっ……。」

ちゃんと、保存したはずなのに……。

 

どうしよう……悲しい(´;ω;`)

自分的には、2600字ぽっちだけど、情熱をこめて、頑張って書いた記事なのにって思って、うわあああってなりました。

いつもは、1000文字行かなかったりするので、2600文字も書いているのは、私的には、凄いんです。

 

この記事も600字程度ですし……。

 

 

で、無い……無い…とあちこちを探してみたらありました。

良かった……。

めちゃくちゃ、ほっとしました。

 

どうも、書こうと思っていた場所(このブログ)ではなく、別のブログで記事を書き、そちらで保存していたようです。

あぁ……本当に良かった……。

 

記事は、生モノだと思っているので、その時の感情を書いていると、その感情を再現して書くのは難しいです。

正直、あの感情のままに書いた記事が自分は結構好きなので、再現出来る気がしません。

 

 

今度から、はてなブログ内だけで、記事を保存しないことにします。

Wordにも保存して書くことにします。

そもそも、もしはてなブログにログイン出来なくなったときとか、何か不測の事態があった時に、はてなブログ内だけで記事を保管しておくというのは本来不用心ですよね……。

 

どの記事も無くなったら、悲しいので大切にはてなブログ以外にもデータを残しておくことにします。

 

今回は、消えていなかったから良かったものの、消えていたら悲劇です。

消えてなくて、ほんとに良かった……。

 

 

ちなみに、情熱的に書いた記事は、こちらです。

ご興味があったら、読んでくださると嬉しいです。

 

zuboragohannozakkicyou.hateblo.jp